製品データベース

Product Topics

新発売製品情報

製品カテゴリ
錆止塗料
メーカー
スズカファイン
製品名
さび反応弱溶剤1液自己架橋形エポキシ樹脂系
1液ワイドさびストップ

発売日

2021年5月

はじめに

特殊変性エポキシ樹脂とさび転換補助剤により、強力にさびの進行を防ぐさび止めです。

特に、ケレンしにくい部分などに残存するさびの影響を受けにくい設計の塗料です。

特長

■付着性

素材及び旧塗膜に対し、強力な付着性を発揮します。
トタンやアルミなどの非鉄金属にもご使用いただけます。

■低臭

塗料用シンナー可溶タイプのため、臭気はマイルドです。

■旧塗膜適合性

活膜の旧塗膜をリフティング・溶解させることなく、安心して塗装出来ます。

■防せい性

塩水噴霧およびサイクル腐食性試験において、優れた防せい力を示します。

■安全性

鉛・クロムなど有害な防せい顔料を含みませんので、安全性に優れます。

■さび転換補助剤配合

さびに含まれる「水分」「鉄イオン」と化学反応し、さびを安全な状態に転換し、さびの発生を抑制します。

■厚膜に塗装しやすい粘性設計

塗装時のたてやたるみを起こしにくい粘性設計ですので、簡単に厚付け塗装することが可能です。

■上塗適合性

各種の上塗塗料が塗装可能です。上塗りの美しいつや・仕上がりが得られます。

■乾燥性

速乾性ですので、3時間(23℃)のインターバルで上塗りができます。

■1液・指定可燃物

一液で指定可燃物ですから保管・取扱い面で有利です。

■F☆☆☆☆

ホルムアルデヒド放散等級分類は規制対象外です。

■JPMS28適合品

JPMS28一液形変性エポキシ樹脂さび止めペイントの品質規格(メーカー試験)に合格する性能です。

用途

建築物:鉄鋼構造物・空調機器・階段手摺・屋根・ダクト
プラント:各種タンク(外面)・パイプ類
鉄塔:鉄塔・看板

注意:シャッター・歩行部位への塗装は避けてください。

適用素地

鉄骨・鋼板・亜鉛鉄板(溶解亜鉛めっき、電気亜鉛めっき)・カラートタン・ガルバリウム鋼板・ステンレス鋼板・アルミニウム板

注意:どぶ漬け溶融亜鉛めっき鋼材、塩化ビニル被覆鋼板には適用できません。

適用旧塗膜

合成樹脂調合ペイント・アクリル樹脂塗料・アルキド樹脂塗料・ポリウレタン樹脂塗料・塩化ゴム樹脂塗料

注意:ふっ素樹脂塗料には適用できません。

適用上塗塗料

弱溶剤系:   

ワイドエポーレシリーズ、1液ワイドウォールシリーズ、ワイドシリーズ、1液ワイドシリーズ、ワイドルーフシリーズ、4Fシリーズ、エスコートECO、エスコートホープDX など

水  系:   

ユニシリーズ、水性無機コートSi、水性ベスコロSi など

注意 : 仕上塗材、クリヤーは塗装できません。

容量

16㎏ ・ 4㎏ (消防法分類:指定可燃物 可燃性液体)

色相

白・グレー・黒・赤さび色

*色見本は画像のため実際の色と異なります。

防せい性試験(サイクル腐食性試験)

塗装基準

*乾燥時間は標準の数値です。塗装方法・塗装条件により多少の幅を生じることがあります。塗装間隔は弱溶剤形塗料が塗装可能な時間の目安です。(屋根塗装の場合は異なります。)

標準塗装仕様(オール弱溶剤形塗料による塗装仕様)

●鉄鋼構造物・ダクト・パイプ・・・・・アクリルシリコン樹脂仕上げ

■素地:鉄鋼面・ステンレス鋼面

  • 上塗には、ワイドエポーレシリーズ、ワイドシリーズ、1液ワイドウォールシリーズ、1液ワイドシリーズ、4Fシリーズ、エスコートECO、エスコートホープDX、ユニシリーズ、水性無機コートSiの塗装も可能です。

  • 強溶剤形塗料のエポーレ、メタルトップを塗装する場合、被塗面が素地、又は耐溶剤性が良い既存塗膜面であることを確認してください。
  • 水性塗料を塗装する場合は、塗装間隔を16時間以上(23℃)取って下さい。

●屋根・・・・・エポキシ・シリコン変性樹脂仕上げ

■素地:亜鉛鉄板・カラートタン・ガルバリウム鋼板

  • 上塗りには、ワイドエポーレシリーズ、ルーフバリアシリーズ、ワイドシリコン、ワイドルーフ、1液ワイドシリコン、1液ワイドフッソ4F屋根用、水性ベスコロSiの塗装も可能です。本仕様の塗装間隔時間(16時間以上 (23℃) )は厳守してください。

  • 強溶剤形塗料のエポーレを塗装する場合、被塗面が素地又は、耐溶剤性が良い既存塗膜であることを確認してください。
  • エアレス条件(一般建築塗料用エアレス機/一次圧0.4~0.5MPa、二次圧12~20MPa、吐出量0.6L/min以上)

(注)

  • さび落としは、金属素地が露出するまで、ケレンしてください。

  • 1液ワイドさびストップの塗布量が少ないと、防せい性及び付着性が低下しますので、必ず標準塗布量(0.12~0.18㎏/㎡)を塗装して厚膜(35~50μm)を確保してください。エッジ部、凹凸面(40μm以上)などは1液ワイドさびストップを増し塗りしてください。
  • 塗布量は、標準的な数値です。素地の形状や状態、塗装方法、環境などによって増減することがあります。
  • 公共建築(改修)工事標準仕様書における亜鉛めっき鋼面さび止め塗料塗りのJPMS28 1液形変性エポキシ樹脂さび止めペイントとして使用する場合は、標準塗布量0.10㎏/㎡/回、標準膜厚30μmになります。

ご使用前にカタログ、仕様書、SDSの記載事項を必ずお読み下さい。

ご使用前にカタログ、仕様書、SDSの記載事項を必ずお読み下さい。

この製品に関するお問い合わせは各営業所
あるいはお問い合わせフォームをご利用ください。