製品データベース

Product Topics

2液型ハイソリッドウレタン樹脂塗料「ヴィンガーD」

ピックアップ製品情報

製品カテゴリ
塗料・防水材 金属用塗料
メーカー
大同塗料
製品名
2液型ハイソリッドウレタン樹脂塗料「ヴィンガーD」

発売日

2016年4月

特長

  1. 1コートで防錆性、耐候性に優れた塗面が得られます。

  2. ハイソリッドタイプのため、1コートで厚塗りが可能です。
  3. VOCを大幅に削減する環境配慮型塗料です。
  4. 速乾性で平滑な美しい塗面が得られます。
  5. 高光沢で優れた肉持ち感が得られます。
  6. 耐水性、耐軽油性、耐酸、耐アルカリ性、耐ガソリン性に優れています。
  7. ノンクロム・無鉛系塗料です。
  8. RoHS指令の特定有害物質は含まれておりません。

用途

産業機械、工作機械、建設機械、仮設機材 等

原色

*色見本は原色です。ご指定の色に調色いたします。
*色見本は実際の色と異なります。

塗装方法

スプレー塗り

塗付量

0.20kg/㎡/回(乾燥塗膜80μmの場合)

この数値はオーバースプレー分などのロス分は含みません。
また、この数値は比較的平滑な素地に塗装した場合で、被塗物の形状、素地の状態、気温、希釈率、塗装方法などによって増減します。

標準膜厚

60~150μm

希釈剤

ヴィンガーDシンナー(各種)

希釈率

スプレー塗り:5~30%(質量比)

塗装粘度

イワタカップ(23℃)15~40秒

乾燥時間

(備考)強制乾燥をする場合は、塗装後10分以上のセッティング時間を取って下さい。

可使時間

4時間以内(23℃)

各種素材への付着性

*1.脱脂した各素材に本塗料を標準塗付量で塗装し、23℃×7日間乾燥後に1次付着性試験実施。付着性試験は、JIS K 5600 5-6(基盤目テープ法 2mm間隔)による。
*2.2次付着性試験は耐湿性試験(JIS K 5600 7-2による 50℃ 95%RH以上×120時間)後に付着性試験実施。付着性試験は、JIS K 5600 5-6(基盤目テープ法 2mm間隔)による。
*3.表面粗さ40μm(Rzjis)に設定

試験成績表(白)

(注)試験板作成方法 SPCC-SD(0.8×70×150mm)に脱脂後、乾燥塗膜80μmになるように塗装。80℃×20分で乾燥し、23℃×7日間養生後試験。

(備考)主剤8:硬化剤1(質量比)の割合で混合したものの数値及び結果です。

注意事項

  1. 2液性塗料ですので、配合比通り正確に秤量し、主剤と硬化剤が均一に混ざるように十分攪拌して下さい。

  2. 水と反応しますので、作業中水分の混入には十分に注意して下さい。
  3. アルコール系溶剤を含むシンナーを使用しないで下さい。
  4. 塗装時及び塗料の取扱い時は換気を十分に行い、火気厳禁として下さい。
  5. 下記のような場合は原則として塗装を避けて下さい。
    1.気温5℃以下、相対湿度85%以上の時
    2.炎天下、素材表面の温度が高く、塗膜に泡を生ずる恐れのある時
    3.降雪雨時、またはその恐れのある時
    4.強風時、塵埃などが付着する恐れのある時

ご使用前にカタログ、仕様書、SDSの記載事項を必ずお読み下さい。

この製品に関するお問い合わせは各営業所
あるいはお問い合わせフォームをご利用ください。