製品データベース

Product Topics

酸化金属仕上げ錆加工塗料(水性)「メタルエフェクツキット ラストフィニッシュ」

ピックアップ製品情報

製品カテゴリ
塗料・防水材 特殊塗料及びその他の塗料
メーカー
モダンマスターズ
製品名
酸化金属仕上げ錆加工塗料(水性)「メタルエフェクツキット ラストフィニッシュ」

発売日

2018年5月

Rust Finish(ラストフィニッシュ)/錆びた鉄仕上げ

本物の鉄粒子を高濃度で配合した水性の変性アクリル樹脂塗料です。暴露させて自然にさびさせるのは長い時間がかかります。しかし「メタルエフェクツラストアクティベイター」は酸化させる時間を早くし、短時間で美しい本物のさび仕上げ塗装を創り出します。
「アイアンメタリックペイント」は、刷毛、ローラー、スプレーで塗装できます。「ラストアクティベイター」は、刷毛、スポンジ、スプレーボトルやプラスチックのポンプスプレーで塗装できます。保護用のシーラーやトップコートは刷毛やバーニッシュローラーまたはスプレー器具で塗装できます。
このシステムは鉄部、木部、ドライウォール、プラスター、塗装可能な壁紙、キャンバス、モスリン、プラスチック等の表面に適切な処理をして塗装することができます。人気のある塗装は、屋内用途全般や屋外の壁、成形品、トリム(枠)、円柱、ドア、手摺、照明器具、花瓶、プランターです。

同梱品

  • メタルエフェクツプライマー(236ml)

  • アイアンペイント(236ml)
  • ラストアクティベイター(295ml)
  • パーマコートエクストリームトップシーラー(236ml)
  • 刷毛(2インチ)×2
  • 攪拌棒×2

塗装面積

1.5~1.9㎡

適用素地

金属、木部、レンガ、石こう、塩ビ、既塗装面

直接塗装できないもの

もの未塗装の亜鉛メッキ、未塗装のアルミ、錆びた鉄面

塗装条件

14~28℃

塗装手順

下地処理

表面はきれいにし、劣化した塗膜は除去します。平滑面は目粗しします。

ステップ1:プライマー「メタルエフェクツプライマー」

  • 基材が酸化しないように「メタルエフェクツプライマー」を塗布します。

  • 使用前に同梱の攪拌棒でよく混ぜて下さい。希釈しないでください。
  • 同梱の刷毛で2回塗りをします。(塗装間隔:約30分)
  • 約12時間乾燥させます。

ステップ2:ベースコート「アイアンペイント」

  • 使用前に同梱の攪拌棒でよく混ぜて下さい。

  • 同梱の刷毛で2回以上塗装し、完全に隠蔽するまで塗装します。(塗装間隔:約30分)
  • 約1時間乾燥させます。

ステップ3:酸化促進「ラストアクティベイター」

  • 表面全体に軽くスプレーします。

  • 液溜まりができると過剰反応するので表面を液で満たさないでください。
  • もし、スプレーし過ぎた場合は、きれいな布で拭き取ってください。
  • 5分後再度「ラストアクティベイター」をスプレーすると乾燥するにつれて、さび反応が現れます。(約30~40分後)
    低温時や高湿度時は、酸化反応にかかる時間や乾燥時間が長くなります。
  • 約24時間乾燥させます。

ステップ4:トップシーラー「パーマコートエクストリームトップシーラー」

  • 摩擦で塗膜が擦れ落ちたり、風雨にさらされて塗料が流れ出るのを防ぐためにトップコートをします。

  • 「パーマコートエクストリームトップシーラー」は、使用前によく振ってください。表面全体に軽くスプレーします。
  • 表面に液溜まりができないようにしてください。
  • 完全に表面を保護したい場合には、この工程を繰り返します。(塗装間隔:約1時間)

洗浄

刷毛は使用後すぐに温水と石鹸で洗浄します。塗料をこぼしたり、はねたりしたら湿った布ですぐに拭き取ってください。

保管

皮張りしないように使用後は容器のふたを閉めます。保管中容器のふたをしっかりしめておきます。
凍結させないでください。凍結してしまったら、使用前に室温で解凍させます。
13℃以下では塗装しないで下さい。不要な塗料は自治体の規則に則って処分して下さい。

衛生と安全

銅や鉄や亜鉛は飲み込むと有害で、腎臓や肝臓に障害をおよぼすおそれがあります。
目にはいらないようにしてください。使用後は手洗いをします。

ご使用前にカタログ、仕様書、SDSの記載事項を必ずお読み下さい。

この製品に関するお問い合わせは各営業所
あるいはお問い合わせフォームをご利用ください。